海外のダイエットサプリは超危険!身近な人にはすすめられない痩せ薬の全貌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の人気ダイエットサプリは本当に痩せる?

海外の人気ダイエットサプリは本当に痩せる?

「海外の激やせダイエットサプリって効果ありそうだから、試してみようかな」なんて考えているあなた、ちょっと待ってください!

海外サプリは効き目が強力で、危険なものが多いのでおすすめできません。

脂肪を溶かすこわ~いサプリを始め、海外製品には危険がいっぱいあるのです。中には、副作用で動けなくなってしまったという事例もあるようです。

そこで、海外サプリで実際に起こった副作用や、絶対に手を出してはいけない成分をチェックしてみましょう。

らくサプ編集部

本当にダイエットしたいなら、「痩せ体質になる」「太らない体になる」方向へシフトチェンジしたほうが安全で確実です。そのためのコツもレクチャーします!

海外のダイエットサプリは効果抜群

海外のダイエットサプリは効果抜群

海外のサプリは「痩せる!」と評判ですが、なぜそんなに効果が高いのでしょう?日本のサプリとの違いを見てみましょう。

海外では販売競争が激しい

海外では日本に比べてサプリが浸透していて、その分競争も激しいので、よりコスパが高くて効果が出るものがどんどん開発されています。

サプリ先進国アメリカでは、国民の半数以上がサプリを使用していて、サプリ専門のショップがあるほどです。たくさんのライバル商品に負けないために、競争が激しくなるのも納得ですね。

海外のサプリは「薬」のポジション

海外でも特にアメリカは、日本のような保険制度がないので、医療費がビックリするほど高額です。そのため病院にかからないために、サプリを使って自分の体を管理するというのが当たり前になっています。

そんな環境で売れているサプリは、ある意味本当に効果が実証されているモノという見方ができますね。実際、日本では医薬品レベルのものもサプリとして売られているのです。

らくサプ編集部

日本ではサプリ=食品という扱いですから、薬と比べれば効果が違うのも仕方がありませんね。

海外のダイエットサプリは強力すぎて危険

海外のダイエットサプリは強力すぎて危険

海外のダイエットサプリは、薬のように効果が高い分、副作用も多くなるので注意が必要です。実際に使った人の体験談も調査してみました。

肥満のレベルが日本とは違う

海外のダイエットサプリの効き目が強力すぎるのは、日本人と比べて肥満の度合いが高い人達に合うように作られているから。特に欧米人は、日本人と食生活も違えば、付いている脂肪の量も違います。

欧米人の体質に合う病気レベルの肥満を治療するような痩せ薬でさえ、「サプリ」という名称で販売されているのです。そんなサプリを日本人がダイエット感覚で飲んだら、大変なことになります!

恐怖!脂肪溶解サプリの副作用

美容整形では脂肪溶解注射なんてものがありますが、海外では飲むだけで脂肪を溶かしてしまうサプリもあります。実際にどんなものなのか、編集部でアメリカ製の脂肪溶解サプリを個人輸入で取り寄せて、女子3名で試してみました。

すると、1人は飲んだ直後に激しい頭痛に襲われました。それでも頑張って飲んで、1週間で2キロ減を達成。もう1人は副作用が辛すぎて、即リタイアしてしまいました。もう1人はとにかく痩せたい一心で、1ヵ月頑張って5キロ減という結果に。

元々の体重にもよるけど、副作用がある割に「激やせ」「大変身」はしなさそうです。消化器官に入るものなのに「酷い頭痛」、しかも飲んだ3人とも副作用が出たというのが怖いですよね。

らくサプ編集部

これは私の身を持って体験した実話です。やはり、海外の強い成分が入っているサプリは、安全のためにもやめておいた方が良さそうです。

海外のダイエットサプリでの死亡事故

海外のダイエットサプリでの死亡事故

副作用が頭痛くらいで済めばまだマシですが、中には死亡事故を起こしてしまったサプリも!実際どんな症状が起こったのか、見てみましょう。

中国の「せん之素こう嚢(せんのもとこうのう)」

中国製のダイエットサプリ「せん之素こう嚢」は、使用した人のうち115人が肝機能障害、31人が甲状腺障害を起こし、さらに2人が死亡したという事例を厚生労働省が発表しています。

さらに健康被害が出た後も、商品名とパッケージだけ変えて同じ商品が売られていたそうです。当然、被害者もさらに増えてしまったわけです。ダイエットのために使ったサプリが、まさか命に関わる病気を引き起こすなんて思いもよらないことですよね。

らくサプ編集部

最近はネットで手軽に海外のサプリを購入できてしまうので、特に気をつけましょう。

タイの「MDクリニックダイエット」

タイのダイエット専門医療機関で開発された「MDクリニックダイエット」も、呼吸困難、幻覚、吐き気、めまい、肝機能障害など、たくさんの健康被害が報告されています。因果関係は明らかになっていませんが、そのうち数人が急性心不全などで死亡したと報告されているそうです。

サプリを調べてみると、日本では医薬品として扱われている成分だけでなく、日本で承認されていない向精神薬の成分まで含まれていたとのこと。

この他にも、タイの別の病院が開発した「ヤンヒーホスピタルダイエット」というサプリも、同じように未承認の成分が含まれているようです。個人輸入代行サイトなどで簡単に購入することができるようなので、充分注意してください。

海外のダイエットサプリは通販で買える?

海外のダイエットサプリは通販で買える?

海外のダイエットサプリは健康被害を起こしてしまうものもあるので、できるだけ使用しないのが一番です。ただ、実際に通販で購入することもできてしまうので、厄介です。どんなところで販売されているのか、見てみましょう。

個人輸入代行業者で買う

海外のダイエットサプリは、主に個人輸入代行サービスで購入することができます。ネットで検索してみると、海外サプリを注文できるサイトがいくつもヒットします。

中でも有名なのが「オオサカ堂」です。他のサイトよりも安い値段で世界各国のサプリが購入できるので、利用している人も多いようですね。

注文するなら、海外から発送されるので届くまでに時間がかかるということ、商品以外に関税や手数料がかかる場合があることを、理解した上で利用してください。

先ほど例に挙げたMDクリニックダイエットについては、同じ病院で処方されたサプリが、タイの輸入代行サイトで購入できてしまうようです。購入するなら、十分調べてからにしましょう。

すべて自己責任で買う

個人輸入で購入した海外のダイエットサプリは、何があっても自己責任ということを覚えておきましょう。健康被害が出て販売終了になった、健康被害が出たサプリを名前変えて売ってるなど、使うと問題が起こるかもしれない情報は、すぐに明らかにならないものです。

軽い気持ちで使ったら病気になってしまう、しかも運が悪ければ命まで……これって本当に怖いことですよね?やはり、安全なサプリを使って痩せやすい体質に変えていった方が、健康的だし安心です。

絶対に購入してはいけない海外ダイエットサプリの成分一覧

絶対に購入してはいけない海外ダイエットサプリの成分一覧

ここまで読んでも、どうしても海外のダイエットサプリが欲しい!という人もいるかもしれません。そんな人は、せめて次のような成分が入ってるサプリは絶対買わないように気を付けてください!

ただし、ここに挙げたのはほんの一部で、すべてとは言い切れません。まだまだ危険な成分いっぱいあるかもしれないので、注意してください。

シブトラミン

満腹中枢を刺激して食欲を抑制する。日本では未承認で、海外では死亡事例もあり。

フェンフルラミン

同じく、満腹中枢を刺激する食欲抑制薬。中毒性があり、心臓の病気を引き起こす可能性あり。

マジンドール

食欲抑制薬として日本で承認されているものの、睡眠障害、便秘、吐き気、肺高血圧症など副作用が出る可能性あり。

フルオキセチン

抗うつ剤。頭痛、発熱、腹痛、吐き気、めまい、消化不良などを起こす可能性あり。

エフェドリン

発汗作用があり、基礎代謝を上げる。動悸、頭痛、めまい、手足のしびれ、不眠など副作用の可能性あり。

甲状腺末

新陳代謝を活発にする作用。不整脈、心不全、骨粗しょう症などになる可能性あり。これが含まれる中国製サプリで、健康被害もあり。

 

ダイエットを成功させたいなら「痩せ体質」になろう

ダイエットを成功させたいなら「痩せ体質」になろう

海外のダイエットサプリに手を出す前に、ダイエットを成功させたいなら、リバウンドしない「痩せ体質」を目指してみませんか?

太りにくい体を作るためにおすすめの方法と、サポートしてくれる日本製のダイエットサプリを、いくつかチェックしておきましょう。

体の中に「痩せ菌」を増やす

腸内フローラの解説イラスト

痩せやすい体になるには、まず腸内環境を整えて「痩せ菌=善玉菌」を増やすことが効果的。痩せ菌を増やすには、乳酸菌をはじめとする善玉菌と、そのエサとなるオリゴ糖などを多く摂ることが大切です。

なぜなら、太りやすい体質の人は、デブ菌と言われる悪玉菌が多く、老廃物を溜めこみやすくなっています。便秘になりやすく、代謝も悪いので、悪循環でどんどん太ってしまうことに……。

一方、痩せている人は痩せ菌を多く持っており、そのおかげで腸の働きがスムーズで代謝も高くなるので、人と同じ量を食べても太りにくいのです。

効率よく痩せ菌を増やしたいなら、日本製の腸内環境改善系ダイエットサプリ「LAKUBI(ラクビ)」がおすすめ!デブ菌が苦手とする酪酸菌を主成分なので、痩せ菌を増やして腸内フローラを整えたい人にイチオシです。

>>LAKUBI(ラクビ)の口コミ・体験レポを詳しく見てみる

脂肪が燃焼しやすい体になる

ダイエットを成功させてリバウンドしないためには、基礎代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい体を作ることが大切です。しかし、すでに体についてしまった脂肪は、分解して代謝されやすい状態にしないと、落とすことはできません。

そんな人におすすめなのが、脂肪燃焼系のダイエットサプリです。

コレウスフォルスコリ、L-カルニチン、カテキン、カプサイシンなど、脂肪の分解や代謝を促進してくれるサプリはたくさんあります。

中でも「シボヘール」なら、日常生活にプラスするだけで、代謝UPが期待できるので、運動が苦手な人ほど取り入れた方が良いサプリです。

>>シボヘールの口コミや体験レポを詳しく見る

食べたものを蓄積させない

体の中でエネルギーとして使いきれなかったカロリーが、脂肪として溜め込まれないようにすることが重要です。そこでプラスしたいのが、食べたものをなかったことにしてくれるカロリーカット系のサプリ。

食事前に飲むだけで摂取カロリーを抑えられるので、ムリな食事制限をしなくても楽にダイエットができます。お米やパンなど主食が好きな人なら、糖質をカットできる「メタバリアS」がおすすめ。

油っこい食べ物やスナック菓子がやめられない人なら、脂質をカットしてくれる「イージータブレット ターミナリア」効果的です。

らくサプ編集部

いま一番注目度の高いダイエットサプリは、年齢とともに減少する『酵素』を補うことで代謝アップを狙う酵素系のサプリってこと、ご存じですか?

海外サプリに頼らないダイエットをしよう!

海外サプリに頼らないダイエットをしよう!

海外のダイエットサプリは日本のサプリよりも強力な成分が含まれているので、確かに体重は落ちやすいかもしれません。

ただ、命に関わる副作用が起こる可能性もあるので、気軽に手を出しては危険です。そんなサプリで痩せたとしても、体を壊しただけで終わりそうです。

ダイエットの目的を思い出してみてください。ムダ肉を落として、今以上にキレイなスタイルになるためではないでしょうか。本当にキレイになりたいなら、あなたの体を中身から変えてくれるかもしれない、ダイエットサプリの方がおすすめです。

痩せるどころか病気になる可能性のある海外のサプリではなく、安心して使える日本のサプリをプラスして、痩せやすい体質に変えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*